So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2012年12月 |2013年01月 ブログトップ

来年もマジカルアイで目のトレーニング! [マジカルアイ]

今年も今日で終わり。

今年は疲れ目に悩まされた1年でしたが、マジカルアイに
出会ったことで、疲れ目が軽くなったような気がします^^

来年も引き続き、日課として立体視を続けていきます!

疲れ目に悩んでいる人は是非、試してみてください!

立体に見えない人も、このお正月休みに練習すれば
きっとできるようになりますから!

まずは低価格で買えるコレでどうぞ!



立体視の練習に最適!マジカルアイ動画! [3D動画集]

立体視の元になるステレオグラムにはいくつか種類があります。

2枚の写真や絵をちょっとずらして並べてあるものと
モザイクのような絵だけがあるものです。

2枚の写真の場合はその写真のものが立体に見えるのですが、
モザイクのような絵の場合は普通に見ていては何が描かれて
いるのかがさっぱりわかりません。

それを平行法や交差法で見て、成功するとハッキリと形が
浮かんできます。

言葉で説明するのは、難しいので実際に見てみるのが一番、早いのですが、
できない人は見える前にあきらめてしまいます。

マジカルアイを続けるだけで、視力回復の可能性もありますので、
特に近視の人はあきらめずに練習してみることです。

練習するには動画が手っ取り早いのでやってみてくださいね。



1月1日から始めるのに最適!日めくりマジカルアイ! [マジカルアイ]

立体視をしようと思っても、つい忘れてしまうという方に
最適なマジカルアイを発見しました!

それは日めくり式になっているマジカルアイです^^

1日1ページで30日分あるので、1月1日から始めて1月30日まで
毎日、続けられますよね。

2月になったらまた最初からやれば、新鮮ですし。

確かに1年も続ければ、立体に見える絵も覚えてしまいますが、
目のトレーニングを続けるという観点からすれば問題なし!

これなら「立体視が続かない…」という人もできるのでは
ないでしょうか?





外人水着女性の体をぐるっと180度堪能しながら視力回復 [3D動画集]

立体視ができる画像はネット上にたくさんありますが、
ようつべにもたくさんアップされています。

中でも多いのが水着姿など、セクシー系の女性を
立体視できるというもの。

確かに被写体をこういうものにすれば、男性にはウケますね^^;

目が悪くなくても、立体視を知らなくても立体視のやり方
覚えようと思うかもしれませんね。

ようつべで見つけた立体視動画
外人水着女性の体をぐるっと180度堪能しながら視力回復


これは交差法で見ると立体に見えるので、簡単に3Dになりました!

タグ:3D 立体視

マジカルアイは毎日やってます! [マジカルアイ]

僕が立体視を始めたのはつい最近のことです。

そのきっかけは疲れ目。

疲れ目の解消法をネットで探していて、立体視が疲れ目にも
いいということを知ったのですが、そのときはネット上にある
画像でやってました。

いろんなページに載っている画像を見まくりました^^

それならいっそのこと、マジカルアイの本を買ってこようと思って
買ってきたのがコレ↓


それまでネットで見ていたときは平行法ができなくて、交差法ばかり
だったのですが、この本で練習したら、平行法ができるようになりました!

どちらかができないという人は本で練習するのもいいかもしれませんよ^^



感動!3D立体視ができる動画! [3D動画集]

3D立体視をするための動画をようつべで見ていたら、
結構、感動できるモノがありましたので共有したいと思います^^

これはうp主が気にいった画像集ということですが、確かにイイですよ~

平行法でも交差法でも見られますよ。




タグ:動画 3D 立体視

立体視のやり方 [立体視のやり方]

平面の絵を立体視する方法は平行法と交差法という2通りの方法があります。

平行法というのは、簡単に言うと絵の右側を右目で、左側を左目で見る方法です。
右目と左目を平行に見るから平行法。

文字にすると簡単そうなんですが、実際にやってみると結構、難しいんです^^;

普通、目がものを見るときは2つの目でひとつのものを見るという動きしか
していないので、別々に見るという意味がわからないんですね。

でも、練習するとできるようになりますよ。

交差法というのは、簡単に言うと絵の右側を左目で、左側を右目で見る方法です。
右目と左目を交差して見るから交差法。

コレは平行法に比べると比較的、簡単にできるという人が多いみたいです。
なぜなら、寄り目をすればいいだけだからなんです。

交差法はウチの11歳の子供も、やり方をちょっと教えたら、すぐに見えるようになりました。
でも、平行法はいくらやってもできないので、イライラしてました^^;

この2つの見方は練習すれば、必ずできるようになりますので、
あきらめずに続けることが大切です。

不思議なのは、同じ絵を平行法と交差法で見比べると、見え方が変わってきます。

平行法用の絵を平行法で見ると、そこに隠れている絵が立体になって浮いているように
見えるのですが、同じ絵を交差法で見ると全く逆になるんです。

つまり、隠れている絵がへこんだ状態に見えるんです^^

これがまた、おもしろい!

どちらも目のトレーニングになるのですが、近視に効果的とされているのは平行法で
遠視や老眼に効果的とされているのが交差法です。

いずれにしろ、どちらか一方ではなくて、どちらもやってみるというのが、
目にとってはいいんじゃないでしょうか。




モノが立体に見える原理 [立体視の原理]

裸眼で二次元のものが三次元に見えることを立体視といいますが、
どういう原理で立体視ができるのかを簡単に説明しますね。

目で何かを見るというのは、実は右目と左目で単独で見ている
ということなんですが、そのとき同じものを見ているにも関わらず、
右目と左目では形がずれているんです。

よく考えれば右と左で目の位置が違うのですから、モノの見え方が
違ってくるのは当然なんですが、普通は気づきません。

でも、それじゃ見づらいということで脳が瞬時に見やすいように
見やすくしてくれるんだそうです。

それがモノが立体に見える原理ということです。

この原理を応用しているのが、マジカルアイとかマジックアイとか
言われている3Dに見える絵や写真で、ステレオグラムとも言われいます。



3D立体視のことをいろいろと…

ここ最近、目の疲れがひどくて、頭痛や肩こりが出てきいたんですが、
視力までもが低下してきちゃいました。

それでいろいろ調べたら、昔はやった3D立体視が目の疲れや視力回復
効果的だということを知り、やってみたらコレがおもしろい!

そこで、3D立体視のやり方や本などの関連商品などを紹介するブログを
立ち上げた次第です^^

どうぞよろしくお願いします!






-|2012年12月 |2013年01月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。