So-net無料ブログ作成
検索選択
立体視の原理 ブログトップ

モノが立体に見える原理 [立体視の原理]

裸眼で二次元のものが三次元に見えることを立体視といいますが、
どういう原理で立体視ができるのかを簡単に説明しますね。

目で何かを見るというのは、実は右目と左目で単独で見ている
ということなんですが、そのとき同じものを見ているにも関わらず、
右目と左目では形がずれているんです。

よく考えれば右と左で目の位置が違うのですから、モノの見え方が
違ってくるのは当然なんですが、普通は気づきません。

でも、それじゃ見づらいということで脳が瞬時に見やすいように
見やすくしてくれるんだそうです。

それがモノが立体に見える原理ということです。

この原理を応用しているのが、マジカルアイとかマジックアイとか
言われている3Dに見える絵や写真で、ステレオグラムとも言われいます。



立体視の原理 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。