So-net無料ブログ作成
立体視のやり方 ブログトップ

立体視のやり方 [立体視のやり方]

平面の絵を立体視する方法は平行法と交差法という2通りの方法があります。

平行法というのは、簡単に言うと絵の右側を右目で、左側を左目で見る方法です。
右目と左目を平行に見るから平行法。

文字にすると簡単そうなんですが、実際にやってみると結構、難しいんです^^;

普通、目がものを見るときは2つの目でひとつのものを見るという動きしか
していないので、別々に見るという意味がわからないんですね。

でも、練習するとできるようになりますよ。

交差法というのは、簡単に言うと絵の右側を左目で、左側を右目で見る方法です。
右目と左目を交差して見るから交差法。

コレは平行法に比べると比較的、簡単にできるという人が多いみたいです。
なぜなら、寄り目をすればいいだけだからなんです。

交差法はウチの11歳の子供も、やり方をちょっと教えたら、すぐに見えるようになりました。
でも、平行法はいくらやってもできないので、イライラしてました^^;

この2つの見方は練習すれば、必ずできるようになりますので、
あきらめずに続けることが大切です。

不思議なのは、同じ絵を平行法と交差法で見比べると、見え方が変わってきます。

平行法用の絵を平行法で見ると、そこに隠れている絵が立体になって浮いているように
見えるのですが、同じ絵を交差法で見ると全く逆になるんです。

つまり、隠れている絵がへこんだ状態に見えるんです^^

これがまた、おもしろい!

どちらも目のトレーニングになるのですが、近視に効果的とされているのは平行法で
遠視や老眼に効果的とされているのが交差法です。

いずれにしろ、どちらか一方ではなくて、どちらもやってみるというのが、
目にとってはいいんじゃないでしょうか。




立体視のやり方 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。